1. TOP
  2. フィットネス
  3. 筋トレのパフォーマンスアップ!クレアチンの効果と飲み方

筋トレのパフォーマンスアップ!クレアチンの効果と飲み方

クレアチン

クレアチンは筋トレのパフォーマンスを上げて筋肉の成長を助けるサプリメント!

扱える重量や回数が伸びない時や筋肉を大きく見せたいときはクレアチンがおすすめです。

クレアチンの効果とローディングという飲み方をご紹介しますので、ぜひ参考にして下さいね。

クレアチンの効果

クレアチンはボディビルダーやアスリートも飲んでいる、筋トレのパフォーマンスアップや筋肉の成長を助けるサプリメントです。

クレアチンはアミノ酸のひとつで、体内でクレアチンリン酸に変換されて、筋肉内にATP(アデノシン三リン酸)というエネルギーとして蓄えられるんです。

ATPは無酸素運動による筋トレで使われるエネルギーで、クレアチンを摂取することでATPを増やすことができるのです。

少し難しいかもしれませんが、ようするに筋トレでの「もうひと踏ん張り」ができるようになるということ!筋トレで追い込みをかけられるので、筋トレのパフォーマンスがアップして筋肉の成長を促してくれるわけです。

高強度のトレーニングで、より強いパワーを引き出してくれるのがクレアチンなのです。

クレアチンで筋肉が大きくなる?

ボディメイクという発想

クレアチンは体内で水と結びつきやすい性質を持っていますす。

筋肉内の水分量を増やすため、筋トレ後のパンプアップもしやすくなります。

クレアチンを飲むと筋肉量が増えるという人がいますが、正確には筋肉が大きくなるということ。筋肉の量自体は増えませんが、筋肉が水分を吸収して膨れるという表現のほうが正しいでしょう。

ただし、体内のクレアチンが増えると、その分の水分も必要になるため、十分な水分を摂らないと体が水不足になって、足がつるなどの症状がでることもあるので注意が必要。

クレアチンを飲んだら十分に水を飲むようにしましょう。

クレアチンの種類

クレアチンにはいくつかの種類があります。

市販されているクレアチンのほとんどがモノハイドレートと呼ばれる種類のもので、もっとも安全性が高く効果的に体に吸収されると言われています。

ほかにもクレアチンHCL、クレアルカリン、クレアチンエチルエステル、クレアチンピルビン酸、液体クレアチンなどがありますが、はじめてクレアチンを飲むときはモノハイドレートのクレアチンを選ぶと良いでしょう。

クレアチンを飲むとお腹が緩くなるという人もいるので、自分にもっとも適した種類のクレアチンを選びましょう。

クレアチンの飲み方

クレアチンには、ローディング(充填する)と呼ばれる飲み方があり、時間をかけて筋肉内のクレアチン濃度を満タンにしておく必要があります。

1日あたり20gのクレアチンを1週間程度かけて摂取するローディングが一般的です。

また、一気に20gの量を飲むのではなく小分けにして1回あたり5gを1日4回に分けて飲みます。一気に飲むとお腹が緩くなるので要注意です!

1週間のローディング期間が終わったら、1日5gを目安に毎日クレアチンを継続して飲むようにしましょう。

まとめ

クレアチンには、運動パフォーマンスのアップ、高強度トレーニングによる筋肉量アップ、筋肉が大きくなる、といった効果が期待できるサプリメントです。

筋トレ時のもうひと踏ん張りが欲しい人、筋肉を増やしたいと人は、ぜひ一度、クレアチンを試しみてくださいね!

\ SNSでシェアしよう! /

筋トレ女子の注目記事を受け取ろう

クレアチン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

筋トレ女子の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

アバター

筋トレ女子編集部

女子のための筋トレ情報です。話題の最新トレーニングからダイエット、美容、ライフスタイルをご紹介します!

この人が書いた記事  記事一覧

  • ビタミンBで美しい筋肉作り!必要なビタミンと効果的な摂取方法

  • 必須アミノ酸イソロイシンのすごい効果!筋肉を作るもとになる!?

  • 筋トレを毎日やるのはダメ?筋トレ頻度の効果的な組み立て方

  • ダイエット中もOK!美味しくタンパク質を補給できるプロテインパンケーキの作り方

関連記事

  • 筋トレ女子のインフルエンサー”ゆんころ”が2017ワールド・ボディ・クラッシックで優勝!

  • タンパク質足りてますか??タンパク質不足は様々な不調の原因だった!

  • 低カロリー高タンパクがポイント!筋肉を増やしながら脂肪を減らすことは可能!?

  • トレーニング時間は短い方がいいって本当!?

  • 筋トレとランニングの関係!走れば走るほど筋肉は細くなる?

  • 40歳を超えても驚くほど魅力的な女性フィットネスモデルTOP5(海外編)