1. TOP
  2. 秋から冬にかけて肌の乾燥に注意!乾燥肌の原因と最適な対策とは?

秋から冬にかけて肌の乾燥に注意!乾燥肌の原因と最適な対策とは?

 2017/09/18 ビューティー
この記事は約 6 分で読めます。 17 Views

秋から冬にかけて、肌が乾燥するという女子が増えてきます。これは筋トレ女子であっても例外ではありませんね!

顔や体がかゆい、肌がカサカサするなど、乾燥肌にお悩みの方への対策をまとめてみました。ぜひ、参考にして下さい!

そもそも乾燥肌って?

女性が抱えているお肌の悩みとして「乾燥して肌がカサカサする」といった状態がありますが、そもそも乾燥肌というのはどのような状態の事を言うのでしょうか?

乾燥肌とは、空気の乾燥などにより皮脂膜が不足し角質層の水分が10%以下になった肌のこと!

健康な肌は、角質層に20~25%の水分を含んでいるので、しっとりしていますが、これが乾燥して10%以下の水分量になると、角質層はうろこ状に別れて、バリア機能を失い、白く粉を吹いたような状態になってしまいます。

これが乾燥肌の状態です!!!

こうなると細菌などの異物、刺激物質などが侵入しやすくなり、肌トラブルを引き起こす原因となってしまうのです。

乾燥肌によって傷ついた角質層には隙間がたくさんあり、そこにウイルス、カビ、バクテリアなどの有害物質が入り込むと、かゆみや湿疹の他、炎症を起こしたり、カブレたりしてしまうのです。

また、ニキビと乾燥肌は相反するものと考えられがちですが、乾燥肌が進行してニキビ肌のトラブルを起こしている例もたくさん見られます。

このように乾燥肌は、多くの肌トラブルを引き起こす原因となるため、乾燥している状態が長く続かないようケアしなければなりません。

逆に肌トラブルが起きた際も、乾燥が根本的な原因となっていないか疑ってみる事も大切です。

乾燥肌の原因4選

乾燥肌の原因については様々な意見がありますが、だいたい次の4つの原因に集約されます。

まず最初にあげられるのは、気温の低下

秋から冬にかけて乾燥肌になる人が多いのは気温の低下が原因で、体温を保持するため皮膚の表面の血管が収縮し、血流が悪くなり新陳代謝が悪くなります。すると皮脂の分泌が少なくなり、表面のバリアがなくなることで肌の水分が蒸発してしまい、乾燥肌となってしまうのです。

2つめに、洗いすぎです。

乾燥肌の原因の70%近くが、顔やカラダの洗いすぎた事が原因だと言われているんです。寒い季節は、熱いお風呂で温まりたいものですが、熱めのお風呂に長時間入ると皮脂が抜けて、皮膚の水分が出ていきます。

また、ナイロンのタオル等でカラダをごしごし洗っていると、皮膚の表面の角質層を剥がしてしまい、バリア機能を失い、乾燥肌の原因となることもあります。

3つめに、年齢とともに男性ホルモンが減っていく事が原因とされています。

女性は25歳ごろ、男性は50歳ごろを過ぎると、男性ホルモンレベルが低下して皮脂の分泌が減り、乾燥肌を引き起こすそうです。

4つめが、睡眠不足や偏食など、生活習慣の乱れが原因として考えられます。

睡眠不足や偏食は、皮膚に充分な栄養が行き渡らず、乾燥肌や肌荒れやを起こしてしまいます。また、皮膚の新陳代謝は睡眠時間と深い関わりがあると言われ、乾燥肌を防ぐためにも規則正しい生活を送る事が必要なんです。

乾燥肌には水分補給

乾燥肌は肌の水分が失われて起こっているわけですから、水分補給が必要なのは言うまでもありませんね。

乾燥肌対策と言えば、部屋の加湿や化粧品による肌への水分補給を思い浮かべますが、それだけではなくここでは内側と外側の2つの面からの水分補給を考えたほうが良いでしょう。

まず、内側からの水分補給は、水を飲む事です!

そもそも体内の水分が足りていないと、血液がドロドロになってしまい、カラダの細胞に酸素や栄養が行き渡らず、肌が荒れてくるのです。そのため、体内に水分が満ちている事が、美しい肌を維持するためには必要不可欠です。

基本は1日2リットルの水を目安に飲むと良いでしょう。

お茶やコーヒーらには利尿作用があるため反って水分不足になるので、あくまで水を補給しましょう。できれば常温で水を飲むようにします。なぜなら、常温の水なら体を冷やさず新陳代謝を高めてくれるため、粘膜が潤い肌表面の乾燥も改善されるからです。

このような内側のケアがあってこそ、外側からのケアが生きてきます。

外側からのケアには、乾燥肌に直接スチームで水分補給するのがおすすめです。ミストサウナや、アロマスチーム、蒸し風呂などは、肌が直接水分を吸収し、カサついた肌に潤いを与えてくれます。

また、水分補給後の肌には必ず、添加物、刺激物、界面活性剤の入っていない保湿剤を用い、乾燥肌を防ぐようにしましょう。

乾燥肌対策4選

乾燥肌にならないために日頃から気をつけておきたいポイントを4つご紹介します。

まず、乾燥してくる季節には、室内の湿度を60%前後に保つことです。エアコンはさらに空気を乾燥させるので、加湿付きの空気清浄機や加湿器を使うと良いでしょう。

次に、肌の表面を守っている皮膚の再生能力を引き出してあげること。そのために大切なのは、規則正しい睡眠の習慣です。皮膚の細胞は、だいたい28日周期で生まれ変わり再生しています。この周期で新しい皮膚が肌の表面を守り、古くなれば次の皮膚が生まれ、肌の表面を守ってくれるのです。

しかし、不規則な生活やストレスで睡眠が十分に取れなかったり、寝る時間がバラバラだったりすると、この周期に乱れが生じ、乾燥肌や肌荒れを起こします。

3つめは、入浴や洗顔の際、洗い過ぎないようにするということです。

ごしごしと洗いすぎると肌表面を覆っている角質層を壊してしまい、皮脂が抜け落ちて水分が保持できず、乾燥肌へと変化していきます。最近では、クリーミィな泡で洗顔するのが流行っていますが、体も同様に石鹸を泡立て、手で優しく洗う泡洗いが肌には一番良い方法です。

そして、乾燥肌対策で最も大切なポイントはスキンケアです。

お顔のスキンケアは日頃から気を遣っている人も多いでしょうが、特に乾燥しがちな冬は、カラダ全体のお肌にクリームやローションで潤いを与え、保湿して水分を逃さないようにしましょう

まとめ

筋トレ女子のなかには、トレーニングで汗をかくと化粧が落ちてしまうので、基本はスッピンという人も少なくありません。しかし、乾燥肌対策のためにも、最低限のスキンケアは必要不可欠ですね!

これからの季節、肌トラブルを起こさないように気を付けましょう!

いつまでも若くキレイに!美を極めるアンチエイジングのキホンとは?

\ SNSでシェアしよう! /

筋トレ女子の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

筋トレ女子の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

筋トレ女子編集部

女子のための筋トレ情報です。話題の最新トレーニングからダイエット、美容、ライフスタイルをご紹介します!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 悩みを打ち明ければ親密度もアップ!意中の人に相談してみよう

  • ブーツを脱いだ時に納豆の臭いが…足の臭いは女の敵!

  • 腰痛を解消するストレッチ&トレーニング7選

  • 肩コリを解消するストレッチ&トレーニング7選

関連記事

  • 冷える女は要注意!たるみを改善する冷え対策とは?

  • いつまでも若くキレイに!美を極めるアンチエイジングのキホンとは?

  • レディーガガ担当メイクアップアーティストも絶賛!超無重力体験♪ミネラルファンデーション

  • 気になるムダ毛!入浴中に5分で脱毛できる売れすぎの除毛剤とは?

  • 女子の豊満化は本当なのか?日本人女性の2人に1人がDカップ以上って!!

  • 1日1個のリンゴは医者知らず!?りんごポリフェノールが凄い件